谷代(やしろ) 浩(ひろし)

谷代浩氏上半身

生年月日:1970年12月19日生

出 身 地:神奈川県

資  格:普通自動車免許、三級自動車整備士

 

【講演ジャンル】

教育  夢・目標  いじめ問題  人生  夢の実現  経験  自己実現

家族  人権  障がい  介護  医療  メンタルヘルス  政治

国際情勢   防災   歴史 医療事故 道徳 神話  経営 理念

マナー 所作

自身の経験をもとにわかりやすく講演いたします。

 

【経歴】

小学校4年の時、父親が心筋梗塞で倒れ、余命5年と宣告され、その半年後、母親が精神分裂病(統合失調症)で入院。両親共倒れの中、中学校時代は母親が夜中に徘徊し、探しまわる。

高校入学と同時にアルバイトを始め、学費、生活費を稼ぐようになる。

高校卒業後、自動車関連企業に就職するも、大学進学をあきらめきれず、

進学を目指すが、母親が糖尿病を発症し、足が壊疽してしまう。無事に完治したが、

医師が医療器具で誤って傷をつけたことで壊疽が再発、足の親指を切断することで、

大学試験は受けられず、中央大学法学部通信教育課程に入学。

その後、縁あって法律事務所にパラリーガルとして入所。6年6か月勤務する。

法律事務所に入所したことで、大学を中退。

 

25歳の時、チャーリーチャップリンの自伝を読み、家庭環境が似ていることを知り

俳優を志すようになり、TVドラマ、映画に出演。

32歳の時、実母が医療事故で生死を彷徨い、

独りで大学病院と闘い、医療事故を認めさせる。

その後、俳優活動をしながら、IT業界の業務を請け負う。

40歳で株式会社ヒロエンタープライズ設立。

出版事業、コンサルタント、マネージメント、仁勇塾などの事業を手掛ける。

現、代表取締役社長として活躍。

 

弊社にて、東日本大震災の企画を行っており、被災者の著書を英訳し、ローマ法王に献上した。

日本で、弊社のみ。

 

本家(ご先祖様)が宮城県にあるため、東北は特に親近感を感じている。

 

 

【コンサルタントとして】

あらゆる視点から日本の現状をみている。

生き抜くヒントは歴史にあり。

 

【信じている言葉】

正しい事のために、命を賭けて臨んだら、必ず天の助けがある。

 

【俳優としての実績】

谷代浩氏スーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< 主な出演作 >

NHK  月曜ドラマ「ハート」

NTV  火曜サスペンス「鬼貫八郎・愛の奇跡」

TBS  「高原にいらっしゃい」

C X  「拉致に挑んだ男たち」

テレビ東京「ルビコンの決断」

 

映 画  「六週間」 塩屋 俊監督

「ブレインハンティング」 竹内 知子監督

「チキン・ハート」 清水 浩監督

「DOLLS」 北野 武監督

Vシネマ 「可愛い女」

舞 台  「雲~いつかかの場所へ~」(武蔵野芸術劇場)

「ドンキホーテ」(市川文化会館、香川県立文化会館、富山県立円形劇場 他)

「THE KEYSTONE OF THE PACIFIC」(新宿ビプランシアター、沖縄パレットくもじ)

 

MC、VP等 「東京ディズニーランド」

「WPC EXPO 2003」

「シルク・ド・ソレイユプロモーション」

「独立行政法人メディア教育開発センター」

「オリエンタルランドプロモーション」

「共生者 (警視庁)」

スチール、web、ショー

「着物の大和ファッションショー」

「セキスイハウスカタログ」

「いぬのきもち」

「トヨタバンガードweb、店頭広告」

「デジキャパ」

「セキスイハウスカタログ、スチールオール媒体」

「¥SPA」

「メルセデスベンツ」

C  M    「J-PHONE」

「みつばち保険」

書 籍  「生死を彷徨う医療事故」